36338 normal 1454378043 rxtstudy

RxTStudy #14 「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」

2016-03-05(土)13:30 - 17:20

JAC Recruitment 大阪支店

大阪府大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー12階

はやつ~ Yukihiro Hayata 太田敦士 Okazaki Masaaki 南部 朗夫 exSOUL Manabu Izaki 石原佑季子 亀澤 伸治 後藤健造 Toshimitsu Hashimoto caraage Kuniharu AKAHANE Takashi Mizuguchi 山下 光洋 YoshinoriN + 28人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い

概要

第14回 RxTstudyを開催します。

  • 関西圏でプロジェクト管理ツール「Redmine」でのタスク管理にフィーチャーした勉強会を開催しています。
    ※「Redmine」以外の「プロジェクト管理ツール」「ITS(タスク管理システム)」を含みます。

  • Redmine を触ったことがない方も、チケット駆動バリバリという方も
    プロジェクト、タスク遂行をより良くするための情報共有の場としてふるってご参加ください。

公式サイト : https://sites.google.com/site/rxtstudy/
FaceBook : https://www.facebook.com/RxTstudy
ハッシュタグ:#RxTStudy

勉強会のテーマ~「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ」

2015/12にRedmineのVer3.2がリリースされました。
最新バージョンでは、CSVインポート、レスポンシブ対応によるスマートフォン・タブレット対応、ガントチャートの日付表示など、エンタープライズ向け機能が強化されており、日本のSIの開発現場でも、より使いやすくなっています。
今回の勉強会では、Redmineエバンジェリストの前田剛さんをお呼びして、Redmineの最新バージョンの機能を紹介して頂きます。
また、赤羽根さんからRedmineのチューニング事例、あきぴーさんから工数管理システムの事例を紹介した後、Redmineの現在の機能や運用、そして今後の動向について、パネルディスカッションで議論します。
ふるってご参加下さい。

タイムスケジュール

13:00-13:30 受付
13:30-13:40 オープニング
13:40-14:20 講演1
   「2015年に追加されたRedmineの新機能とこれからのRedmine」
   ファーエンドテクノロジー株式会社 前田剛様
14:20-15:00 講演2
   「Redmineチューニングの実際と限界
      ~ 200万チケットでもサクサクなRedmineの作り方 ~ 追補改訂版」

   (株)島津ビジネスシステムズ 赤羽根州晴様
15:00-15:10 休憩
15:10-15:40 講演3
   「工数管理システムとしてのRedmine」
   あきぴー様
15:40-15:50 講演4
   「組込み開発現場でのRedmine活用事例」
   50_Kenzo様
15:50-16:00  休憩
16:00-17:00 パネルディスカッション
   「Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ -」
17:00-17:10 LT(2人)
17:10-17:20 クロージング

セッション詳細

講演1「2015年に追加されたRedmineの新機能とこれからのRedmine」

ファーエンドテクノロジー株式会社 前田剛様

【概要】2015年2月リリースのRedmine 3.0から12月リリースの3.2で追加された新機能のうち特に有用なものをピックアップします。また、次期feature releaseであるRedmine 3.3とRedmine本体の開発の状況を紹介します。

講演2「Redmineチューニングの実際と限界~ 200万チケットでもサクサクなRedmineの作り方 ~ 追補改訂版」

(株)島津ビジネスシステムズ 赤羽根州晴様

本講演は、2015年5月のRedmine.tokyo #8発表内容をベースとして、具体的な設定値と最新Redmine 3.2の情報を加えた内容です。

【概要】Redmineの活用シーンは大きく広がり、実業務に使える道具として急速に社会へ浸透しつつあります。安価な導入費用はOSSの魅力の1つですが、技術的なサポートが無いまま利用規模を拡大すると、著しい処理遅延やシステム停止などの障害によって業務に支障が出てしまう場合があります。
 本講演では、6年間に渡るRedmineの大規模運用事例を題材として、信頼性と安定性を維持する取組みの「実際と限界」に焦点を当てます。どのような問題が発生し、どうやって解消したのか、各種設定、チューニング方法、性能計測方法を全て紹介します。
【事例】株式会社島津製作所グループの業務システム100種の開発運用を支えるRedmine
  2009年6月より6.5年運営、400ユーザー、140プロジェクト、18万チケット、3,000チケット発行/月、チケット完了率95%、VCS 80リポジトリ、20,000コミット/年、主要画面の平均応答時間 0.1秒、MTBF 7,000時間、MTTR 17時間、稼働率 99.8%

講演3 「工数管理システムとしてのRedmine」

あきぴー様

【概要】Redmineの利用場面としては、受託開発案件のタスク管理だけでなく、障害管理やインシデント管理、サポートデスクなどの事例が既に知られています。
今回は特に、システム保守案件や実費請求案件のように、単なるタスク管理だけでなく実績工数を管理する要件もRedmineに含めた場合、どのように実現して運用すれば効果的なのか、について、経験したこと、考えたことをお話します。

講演4「組込み開発現場でのRedmine活用事例」

50_Kenzo様

【概要】組み込みシステム開発のうち、小規模かつ技術的難度が高めな開発現場でのRedmineの活用事例をお話しします。

パネルディスカッション

テーマ:Redmineの未来を考える - 機能・運用・コミュニティ -
パネリスト:講演者のみなさん
司会:阪井誠(株式会社SRA)

LT(応募受付中)

LT1 「【Redmine】Wikiツールボタンを作ろう 【プラグイン】」

@netazone様

概要:
Redmine内で文字のスタイルや表現を豊かにしてくれるWikiツールボタン、皆様使ってますか?
今回は弊社最重要プラグインの一つ、Wikiツールバーを拡張する『Redmine jsToolbar Extension』プラグインについてご紹介します。

LT2 「持ち運べるRedmineの構築例紹介(続編)- bitnami版redmineへのSSL接続の注意点 -」

小暮 豊様(パナソニックインフォメーションシステムズ(株))

要旨:
Bitnami版RedmineへSSLで接続するVirtualboxでの環境を構築した自身の経験を元に、YWTMのフレームワークを用いて、これから構築を行なう方への注意点として紹介します。

アンケート

  • 当日は会場をご提供いただく JAC Recruitment 様から無記名のアンケートがございます。ご協力お願い致します。

参加費

  • 参加費 1000円(運営費として)

懇親会

  • 懇親会(3,500~4,000円程度を予定しています) 会場近辺で開催予定です。申し込み時にアンケートに答えてください。

主催者への連絡、問合わせ

  • LTのお申し込み、急な事情による申し込み後のキャンセルは、Twitterハッシュタグの方法で主催者へご連絡ください。
コミュニティについて
RxTStudy~Redmineとタスクマネジメントに関する勉強会

RxTStudy~Redmineとタスクマネジメントに関する勉強会

関西圏でプロジェクト管理ツール「Redmine」でのタスク管理にフィーチャーした勉強会を開催しています。 Redmine を触ったことがない方も、チケット駆動バリバリという方も プロジェクト、タスク遂行をより良くするための情報共有の場としてふるってご参加ください。 RxTstudy https://sites.google.com/site/rxtstudy/

コミュニティに参加